Reactivity

le.gif

ICCで行われるラップトップサウンドアートの現在。

http://www.ntticc.or.jp/Schedule/2004/reactivity/index_j.html
表現すること,伝えること,語り合うこと,探索すること.....
テクノロジーによって<創造>する楽しみは増幅している!


アーティスト・トーク+DJパフォーマンス
日時:8月21日(土)
   午後2時より(アーティスト・トーク)
   午後6時より(マチュー・ブリアン+ゲストによるDJパフォーマンス)
定員:150名(当日先着順)
会場:ICC 5Fロビー
入場料:無料(展示をご覧になる場合は、別途入場料が必要です)

参加予定アーティスト
0100101110101101.org,マチュー・ブリアン,exonemo,クワクボリョウタ,アミット・ピタル,portable[k]ommunity,エド・スターン ,ドゥ・ジェンジュン  


コンサート 《BELL and GLASS》演奏会
日時:9月24日(金)午後6時より
出演:クリスチャン・マークレー、アンサンブル・ノマド
定員;100名(当日先着順)
会場:ICC ギャラリーA
入場料:無料

2004年08月31日

writen by mikado : 23:29 comment (35)

Pterois antennata

0828bigflyer.jpg
今年で2回目となる通称”海OVA”。
通常のクラブイベントOVAや野外でのそれ(山OVA)とはまた違うラフで、濃い時間を過ごすことができる。
実はこのイベントに、このサイトの管理スタッフでもあるBando TaroもDJとして参加するので、もし見かけることがあれば声でもかけてあげてください。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2004.8.28(sat)
@松 葉山一色海岸

Venus Fly Trapp
KeNsEi (OUTERLIMITS Inc.)
Yogurt (UPSETS)
Denca (cosmosmile) with Hyume(◎★?)
Sandnorm (OVA)
Indigo Cage Airlines
Bando Taro

OVAとネットラジオcosmosmileがジョイントして開催するスペシャルイベント。
情緒ある浜辺の海の家で繰り広げられる夏の終わりのとある一日。
ゆったりと楽しみましょう。


open : 10:00-22:00
パーティ運営のため、一口1000円のドネーションをお願いしています。

access : 近辺には基本的に駐車場がないので、電車で来ることをお勧めします
by train
JR逗子駅又は京急新逗子駅から、京急バス葉山方面行きバス15分。
バス停一色海岸あるいは、葉山下車。 →busmap
by car
横浜横須賀道路逗子ICから逗葉新道を経て、逗子、三崎方面へ、御用邸そば。

OVAのページで詳細をみる
http://www.cosmosmile.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2004年08月28日

writen by mikado : 00:11 comment (3705)

Dance and Media 2004/TOKYO

dancemedia.jpg
「Dance and Media Japan」が主宰する、今夏8月1日よりはじまる、「ダンスとメディア2004」。
マルチメディアを舞台芸術における「表現」として取り入れるための、実験的なイベント。
映像、音楽、建築、照明等様々なジャンルで活躍するアーティストが、「舞台」の上でいかに融合するのか、とても興味深い。行けば必ず得るものがありそうなこのイベントは場所を変えながら1ヶ月間にわたり開催される。
以下は詳細。
なお、7月26日には六本木BULLET'sにてオープニングパーティが開催される模様。
イベントの紹介やDJ,ライブパフォーマンスがおこなわれるようで、こちらも興味深いですね。

http://dance.pao.to/page/damj2004.htm
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>
ダンスをメディアとして考える、東京発信の注目イヴェントです。
ダンスそのもののライブ感、臨場感、身体そのものの存在感をいかに表現するか。
映像、音楽、建築、照明など、さまざまな芸術ジャンルを巻き込んで進行する最先端の「ダンスとメディア」をお届けします。

昨年はドイツのアートセンターZKMから、メディア・アーティストのクリスティアン・ツィーグラー氏を招き、ワークショップとデモンストレーションを行いました(昨年の共催:ドイツ文化センター)。
今年は、イギリスからメディア・アーティストのジョセフ・ハイド氏を招き、ワークショップ、ライブパフォーマンスを東京、京都、山口で行います。
またイタリア人ダンサー、アレッシオ・シルヴェストリンによる新作パフォーマンスやダンスビデオ上映会も行います。是非ご来場ください。
(共催:ブリティッシュ・カウンシル 助成:セゾン文化財団)

○ジョセフ・ハイド プロフィール○http://www.theperiphery.com
1969年、ロンドン生まれ。デジタルメディアを使ったサウンド、インスタレ
ーション、パフォーマンスを数多く発表。特に、ライブパフォーマンスでは、
インタラクティブ・テクノロジーを用い、サウンドとパフォーマンスの融合
を試みた作品が多い。世界のメディア・ワークショップでも講師として招か
れ、メディア・パフォーミング・アート界では、絶対的に必要な重要人物で
ある。現在、バース・スパ大学にてメディアに関する教鞭をとる。

チケット予約、参加予約など開始しております。
詳細・予約は、Eメール[dance@pao.to]まで。
お気軽にお問い合わせください。

公園スケジュール:

spiral.jpg

▼東京▼8月1日(日)
『ジョセフ・ハイド レクチャー&ライブ・パフォーマンス 
"subliminalTV"+"amplified"』
イギリスのマルチメディア・アーティスト、ジョセフ・ハイドによるメディア
とパフォーマンスに関するレク
チャー、作品紹介と、ライブパフォーマンス。
サウンド・インスタレーションによるライブと、ダンスの迫力あるステージを
max/mspや5.1chサラウンドシステムを使って行います。

出演:ジョセフ・ハイド、蹄ギガ(Sal Vanilla)、河内一泰(RE[ ])、
阿尾茂毅 (サウンドデザイナー、DJ、PLAYER)、salmon、
松尾邦彦(CMprocess)他

会場:スパイラルホール(表参道)
開演:18時30分
入場料:2,000円(チケット予約受付中:e-mail dance@pao.to)
会場協力:(株)ワコールアートセンター

2004ws_tokyo.jpg

▼東京▼8月4日〜8日
『ジョセフ・ハイド メディア・パフォーマンス・ワークショップ/東京』
「マルチメディアを使って表現すること」をテーマに、参加者による共同制
作を行います。
ダンサー、役者、ミュージシャン、映像作家、写真家、プログラマー、
建築家、デザイナーなどジャンルを問わず参加者を募集しています。
それぞれのスキルを活かしたメディア舞台作品を5日間で創作し、発表します。
max/mspによるプログラミングや、映像編集などのメディアとダンスや演劇な
どのパフォーミングアーツの有機的な出会いの場となることを期待します。

講師:ジョセフ・ハイド
会場:豊島区旧朝日中学校(予定)
参加費:5日間=20,000円(グループ参加割引あり)
参加方法→www.dance-media.jpまで
協力:アートネットワーク・ジャパン

alessio.gif

▼東京▼8月3日、4日
『アレッシオ・シルヴェストリン "リトロヴァレ"+"デリヴァレ(新作)"』
イタリア人ダンサー、アレッシオ・シルヴェストリン(元フランクフルトバレエ団)
によるインスタレーション&パフォーマンスです。
"デリヴァレ"はソロ作品の最新作となります。
映像、音楽、舞台美術、ダンスをすべて1人で制作した空間を包み込むダンスと
インスタレーションのパフォーマンスです。
ダンス公演のあとは、ラウンジバーとして、会場を開放していますので、インス
タレーションの鑑賞やアーティストとの会話をお楽しみください。

出演:アレッシオ・シルヴェストリン
会場:スーパーデラックス(六本木)
開場:19時00分 「リトロヴァレ」インスタレーション(ビデオなど)
開演:20時00分 新作「デリバレ」上演
(終演後、アーティストトーク"mis-communication performance"&ラウンジパーティー開催)
入場料:3000円(1ドリンク付)

(チケット予約受付中:e-mail dance@pao.to)

2004video_01.jpg

▼東京▼8月24日〜28日
『ダンス・ビデオ・クリップス / ダンス映像上映会』
ダンスをモチーフにしたビデオ作品の上映会を開催。
海外からは、まだあまり日本で知られていないパフォーマーの映像作品や、
昨年来日したドイツのメディアアーティスト、クリスティアン・ツィーグラーの新作
映像などが上映される予定。
作品は一般公募実施中!詳細はWEBにて。

日程:8月24日〜28日
会場:アップリンクギャラリー(早稲田)
入場料:1000円(1ドリンク)
(関連企画:このイヴェントは7月14日〜8月22日まで、山口情報芸術センター・
エントランスにて映像展示されます。)

▼京都▼8月11日〜12日
『ジョセフ・ハイド メディア・パフォーマンス・ワークショップ/京都』
max/mspなどのプログラミングソフトを使用して、パフォーマンス作品の制作を目指す
ワークショップです。

日程:8月11日〜12日
講師:ジョセフ・ハイド
会場:京都造形芸術大学・舞台芸術研究センター


▼山口▼8月20日 
『ジョセフ・ハイド・日英合作パフォーマンス"amplified"/山口情報芸術センター版』
スパイラルホールでの初演された、パフォーマンス作品"amplified"を上演します。
サウンド・インスタレーションによるライブと、ダンスの迫力あるステージを
max/mspや5.1chサラウンドシステムを使って行います。

開演:19時00分
出演:ジョセフ・ハイド、蹄ギガ(Sal Vanilla)他
会場:山口情報芸術センター スタジオB


▼山口▼8月21日、22日
『ジョセフ・ハイド メディア・パフォーマンス・ワークショップ/YCAM(山口)』
max/mspなどのプログラミングソフトを使用して、パフォーマンス作品の制作を目指す
ワークショップです。

日程:21日 13時〜20時 / 22日 11時〜16時
講師:ジョセフ・ハイド
会場:山口情報芸術センター スタジオB

主催:ダンス・アンド・メディア・ジャパン/東京
共催:ブリティッシュ・カウンシル
企画協力:松澤慶信
協力:アップリンク、future physical、NPO法人アートネットワーク・ジャパン、山口情報芸術センター
京都造形芸術大学・舞台芸術研究センター、シャイフェレ小百合、RE[ ]、NEST、Sal Vanilla
会場協力:株式会社ワコールアートセンター
助成:財団法人セゾン文化財団

総合問い合わせ:e-mail dance@pao.to (事務局窓口)
Web Site:www.dance-media.jp

2004年08月21日

writen by mikado : 19:59 comment (240)

AFTERHOURS PRESENTS CLOSET MIX #12 SPECIAL

mice.jpghim.jpg

MICE PARADE & HIM japan tour 2004
マイス・パレード&ヒム〜ジャパン・ツアー2004

ジャンルもトレンドも超えたモダン・ミュージックの雄、MICE PARADEとHIMの再来日がついに決定。今回はアフターアワーズ通刊20号を記念して豪華ダブル・メイン・アクトでのツアーとなる。サポートはバンド編成でのライヴは本邦初公開となるFLECKFUMIE(尾道、福岡公演以外)と謎のDJ、ASTRALBLUT(尾道公演以外)。

■MICE PARADE
Adam Pierce(him,the dylan group,the swirlies)
Dan Lippel
Doug Scharin(him,june of 44,codeine,rex,directions in music)
Dylan Cristy(the dylan group)
Kristin Anna Valtysdottir(mum)
Rob King(him, uncle innocent)

THE DYLAN GROUPの中心人物、アダム・ピアースのソロ・ユニットとして99年にニューヨークでスタート。自身で運営するレーベル、Bubble Coreからデビューし、現在まで6枚のスタジオ・アルバムを発表。最新作は2004年の『Obrigado Saudade』。DYLAN GROUPが活動休止した現在、アダムのメイン・プロジェクトとして機能している。メンバーはHIMの主宰者であるダグ・シャリン、DYLAN GROUPのヴィブラフォン担当、ディラン・クリスティ、キーボードのロブ・キングを中心に、ギターを加えたセットで、最新作を受けた全米ツアーからMUMの女性ボーカル、クリスティーンがボーカルとして参加している。今回のジャパン・ツアーはアメリカ、ヨーロッパ・ツアーを回った後の大円団としての来日となる。

■HIM
Doug Scharin(mice parade,june of 44,codeine,rex,directions in music)
Adam Pierce(mice parade,the dylan group,the swirlies)
Griffin Rodriguez(the exciting trio,toe)
Josh LaRue(the sorts)
Rob King(mice parade, uncle innocent)

元JUNE OF 44、CODEINE、REXのドラマーとして、バンディK.ブラウンとのユニット、Directions In Musicとしても活動しているダグ・シャリンが、96年にソロ・プロジェクトとして始動させ、現在までSouthern、Wordsound、Perishable、Bubble Coreから計7枚のアルバムを発表。ジャズ・ファンク、ダブに影響された太いグルーヴが特徴で、最新作は『Many in High Places Are Not Well』。メンバーは作品ごとに変化するが、現在はドラマーのダグ・シャリンを中心に、ギターのジョシュ・ラリュー、ベースのグリフィン・ロドリゲス、ギター&ヴィブラフォンのアダム・ピアースとキーボードのロブ・キングの5人編成でのプレイ。彼らもアメリカ、ヨーロッパ・ツアーを終えての来日となる。

■日程
□8/6(fri) 東京/渋谷 O-West
with
Fleckfumie(afterhours/beams records)
DJ: Astralblut (from Berlin)
open19:00/start19:30
ad¥4,000/door¥4,500

□8/7(sat) 東京/渋谷 O-Nest
with
Chib(fatcat)
DJ: Astralblut (from Berlin)
open19:00/start19:30
ad¥4,000/door¥4,500

□8/9(mon) 名古屋 得三
with
Fleckfumie(afterhours/beams records)
DJ: Astralblut (from Berlin)
open18:00/start19:00
ad¥3,500/door¥4,000

□8/10(tue) 京都 Club Metro
with
Fleckfumie(afterhours/beams records)
DJ: Astralblut (from Berlin)、KAZUMA、他
open19:00/start20:00
ad¥3,500/door¥4,000

□8/11(wed) 大阪 Noon
with
Fleckfumie(afterhours/beams records)
DJ: Astralblut (from Berlin)
open19:00/start20:00
ad¥3,500/door¥4,000

□8/12(thu) 尾道 向島洋らんセンター@野外芝生広場 
with
キセル/play of colour/headphones remote
open/start18:00
ad¥3,000/door¥4,000

□8/13(fri) 福岡 Rooms
with
DJ: Astralblut (from Berlin)
open19:00/start20:00
ad¥3,500/door¥4,000

■前売りチケット取り扱い(各会場窓口でも発売しています)&会場問い合わせ
□8/6 東京/渋谷 O-West(03-5784-7088)
チケットぴあ(0570-02-9999/Pコード:175-699)、ローソン・チケット(0570-00-0903/Lコード:31601)、Onsa(03-5481-2247)、Some Of Us(03-3496-1070)、Warszawa(0422-42-8520)、Jet Set Tokyo(03-5433-3883)、Disc Shop Zero(03-5432-6129)

□8/7 東京/渋谷 O-Nest(03-3462-4420)
チケットぴあ(0570-02-9999/Pコード:175-841)、ローソン・チケット(0570-00-0903/Lコード:31351)、Onsa(03-5481-2247)、Some Of Us(03-3496-1070)、Warszawa(0422-42-8520)、Jet Set Tokyo(03-5433-3883)、Disc Shop Zero(03-5432-6129)

PIAカードは最短5営業日でカード発行が可能になりました!

□8/9 名古屋 得三(052-733-3709)
チケットぴあ(0570-02-9999/Pコード:175-535)、STIFF SLACK (052-252-0874)、FILE-UNDER(052-242-6810)、バナナレコード本店(052-951-1002)

□8/10 京都 Club Metro(075-752-4765)
チケットぴあ(0570-02-9999/Pコード:174-774)、ローソン・チケット(0570-00-0903/Lコード:54300)

□8/11 大阪 Noon(06-6373-4919)
チケットぴあ(0570-02-9999/Pコード:175-487)

□8/12 尾道 向島洋らんセンター@野外芝生広場(0848-44-8808)
れいこう堂(0848-24-7555/email:reikodo-club@lily.ocn.ne.jp)、Horus Worus(084-974-6855)、Marble Store(084-920-1132)、ローソン・チケット(0570-00-0903)

□8/13 福岡 Rooms(092-751-0075)
popmuzik records(092-732-5265/email:info@popmuzik.jp)、By Trico(092-739-1088)、Ansellhaus(093-931-3063)、チケットぴあ(0570-02-9999/Pコード:176-122)

*全公演の前売りはAfterhoursでもメールで受け付けています(afterhours@eva.hi-ho.ne.jp)。

■協賛:P-Vine Records、Rooms
■協力:Plankton、Stiffslack、れいこう堂、popmuzik records
■TOTAL INFOMATION : Afterhours
tel:03-5790-0390
e-mail:afterhours@eva.hi-ho.ne.jp
web:http://afterhours.img8.com/

2004年08月13日

writen by mikado : 22:35 comment (2599)

Placard#7 Tokyo

index_01.jpgなにやら面白そうなイベントが代々木公園でやるみたいです。
場所を選ばない内容にもかかわらず、あえて場所を選ぶことによってコンセプトや狙いをはっきりさせようということなのでしょう。
それはそうですよね。もしどこでも、自宅でも聞けるイベントなら、それはイベントではなく、普通のネットラジオと同じですよね。
イベントというのは、あくまで場所を共有して人が集う、ということが重要なファクターのようです。
世界規模というのがすばらしいですね。

http://arch-project.com/placard/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
date : 2004/8/7 13:00 -- 8/9 5:00
venue : 代々木公園
*イベントは野外ステージではなく中央広場の方で行われます。
*雨天時には会場が変更になります(青山近郊予定)。
fee : FREE
information: Placard Tokyo :: placard@arch-project.com

パリで活躍するdiscom/decoのerik minkinnenが主催するヘッドフォン・フェスティバル「プラカー」は、一人一時間の持ち時間で出演者が自らがオンライン上でエントリーするという、ハイテクな持ち寄りホームパーティー型イベント。会場にスピーカは無く、観客はヘッドフォンでのみ視聴します。また、その状況はチャットやウェブカムでの映像を交え、ネットワークを通じて世界中の会場へとストリーム配信されます。

 様々な都市に散らばったMusience(Musician + Audience)達は、同じ時間にヘッドフォンをかぶり、ネットワークを通じ、そこに起こっている一つの状況(行われているコンサートはもちろん、ネットワークそのもの)へと耳を澄ませるのです。

 パリでは今年7回目を数えるプラカーですが、一昨年にはパリと東京で72時間ノンストップの同時開催を実現し、大きな反響を呼びました。また、昨年には全体を95日間のオープンプログラムとし、パリを始め、東京、ロンドン、NYCなどでも開催され、世界中にそのネットワークは広がっています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2004年08月08日

writen by mikado : 15:38 comment (30)